カップ麺がキツい

健康に悪いのではないかと心配しながらもつい食べてしまうカップ麺。実際あの安さとおいしさ、簡単に作って食べることができる手軽さはかなり助かっていましたが・・・

私は大学生の頃、昼食に毎日と言っていいほど、カップラーメンばかり食べていました。料理をしなくて良いし、結構カップ麺が好きだったのでたくさん買い込んで喜んで食べていたのですが、あるとき急に全く食べれなくなってしまいました。

食べようと思うだけで胃が受けつけないのか、ムカムカして吐き気がするほどに。飽きたというわけではなかったのですが、その後の大学生活の中ではカップ麺を食べることがありませんでした。(お店のラーメンは普通に食べることができていました)

随分とカップ麺を食べていませんでしたが、最近また食べることができるようになってきました。ちょっと変わった食べ方としては、カップ麺にカボス(果汁が入ったビンで市販されているもの)を入れて食べると美味しいと思うのですが、どうでしょうか(笑)

今では、脂ぎったものも苦手になりました。天ぷらやステーキの脂の部分など。
そのおかげ(?)かわかりませんが、体重も随分落ちましたね・・・

小さい頃は苦いものが大嫌いでしたが、問題なく食べることができるようになったり、好きだった脂っぽいものが食べることができなくなったりと嗜好が大きく変わってきているのですがこれも年齢のせいでしょうか。

ビールは未だに苦手ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA