肉肉しいのは憎憎しい

朝テレビを見ていたら、グルメリポートをしている女性が豚肉を食べて「肉肉しい」です。という発言とテロップが出ていました。

肉肉しいとはどういう意味だろうと思い調べてみたのですが、憎憎しいの意味が非常に憎らしいなので、これは肉だということを強調しようとしているのかな。それとも「肉らしい」味だということでしょうか。一応褒めているようですね。

肉を食べて「肉だ!!」と強調するのがちょっとわかりにくいですが、いかにも魚だったら「魚魚しい」?肉のどういう味・食感のことを指しているのでしょうか。鶏肉を食べたときは肉肉しくはないでしょうか。瑞々しいというのを勘違いして水水しいと思われていませんかと突っ込みを入れたくなりました。よく考えるとちょっと性的な描写で肉肉しいって使われていたような気もするのですが・・・調べていくと大分前から肉肉しいには突っ込みが入れられているようなので今更な感じもする人がいるかもしれません。すみませんでした。

他の言葉だったら成り立つのか、○○しい(名詞+名詞+しい)という言葉を作って確かめてみようと思います。

う~ん、いまいちですね。もっと面白いものがあるかもしれません。(目的がずれてしまっています。)

それっぽい言葉を言えば相手は何となく察してくれますが、正しく伝えることができません。テレビ番組ではよく新しい言葉を作るので、新しい言葉を作ろうとしているのか、そういう言葉があると勘違いしているのかわかりにくいですね。世の中でよく間違って使われている言葉の大半はテレビやラジオ、新聞等の影響によるものが大きいと思われます。正しい言葉だけしか使うなというわけではありませんが、雰囲気で伝えるのではなく、できるだけ相手に理解してもらえるように伝えることが大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA