人工知能と仕事について思うこと

人工知能が仕事を奪う?

人工知能に仕事を奪われるというニュースや記事を良く見かけるようになり、「○○」(職業名)終了などというタイトルで書かれているものもありますね。もちろん段々と人工知能に代わってくる仕事が増えて、人間のする仕事は変化(減少も含む)していくと思うのですが、個人的にはある特定の仕事だけなくなるということはないと思うのですがどうでしょう。それに思考ができる人工知能であればむしろ仕事を奪うというよりは代わりにやってもらうというイメージが私の中にはあります。

人工知能の研究をしている大学の先生が発表したものが元になっているようですが、少しプログラムを勉強している方であれば、ある程度どの仕事が自動化できるかといった想像をされたことがあるのではないかと思います。人工知能はコンピュータが導入されたときのように、どの仕事でもだんだん導入されていき、代わることができる作業は人がすることがなくなっていくのではないかと思います。今あるどの仕事でも少しずつ代わっていくのです。現状では、人工知能という言い方はすごく広い範囲を指す言葉ですね、単純なプログラムのことを指すのに使っている人もいるようです。そういったプログラムを書く作業もなくなる可能性が高い仕事としてランキングに入っているらしいですが・・・

なくなるなくならない?

ニュースや記事では、この仕事は人工知能ができても大丈夫(なくならない)だとかこの仕事は危ない(なくなる)と書くことによって危機感を煽ったり、好奇心を刺激することで人の興味を引こうとしているのだと思いますが書かれている内容は、そうかもしれないですねというレベルを超えていないように思われます。以前、数年後になくなる大学の予想などといった記事が書かれていましたが、結果はどうだったのでしょう。別にどこの大学がなくなろうが、どの仕事が人工知能に代わろうがその仕事をしている人以外には関係がないと思っている人も多いかもしれません。

多くの人は仕事をしなければならないと考えているようです。働いてなければ駄目な人、危ない人と見られることがまだまだ多いのです。仕事で人間として成長できる、責任感が生まれる(仕事をしていると社会に迷惑をかけるような問題を起こすことができない)という意見も聞きますが共同の社会といった意味ではその通りな部分もあると思います。難しいといわれていることに挑戦したいという人もいれば、単純な作業を繰り返したいと望む人もいるようです。

仕事はある目的(1つではない)を達成するためにあるので、その目的を達成するためには別にどういう方法をとっても(違法でないかつ周囲に迷惑をかけない方法であれば)良いのです。経営者は目的を達成する上でのコストや売上、また顧客の求める基準をクリアするために必要なことをしていくだけです。人間以上に人工知能が目的を達成する上で都合が良いのであれば当然導入を検討するでしょう。さらに目的を達成してしまえばその仕事は基本的になくなってしまう(次の目的に移行する)のです。今ある仕事は昔から続いているものもありますし、新しくできたものもあります。技術の進歩により機械などを導入し効率がよくなり、人の雇用を減らしたものも多くあるでしょう。それはこれからも変化しつづけていくでしょうし、人工知能によって人がついていけないほど急激に変化するのかもしれません。

今後について

どんどん技術は進歩していきますし、人工知能といえるものが出てくる日もやってくるでしょう。今は出てきたときにどうなるのか一部の人しか理解できていないのかもしれません。私は少しばかり興味があるので生きている内にできたら見たいと思っています。人工知能に不安をもつよりも、今後どうしていくのかを考える必要があるのではないでしょうか。何をするべきか、何を選択するのかを自分自身で決めていけば良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA