オンラインゲームのしすぎ?

どうも、こんにちは。ginです。

WHO(世界保健機関)で、改訂版国際疾病分類「ICD―11」の最終案にゲーム依存が疾患であるということが盛り込まれ、来年5月の総会で決定されるとの報道がありました。
wikipedia:ゲーム依存症へのリンク

オンラインゲームのプレイで健康や生活への影響が出る時間というのは、人によって異なるとは思いますが、そこまでしてゲームを長くプレイしているのは楽しいからというだけでは無いようです。

ゲームをプレイする時間によって操作が上達するということはもちろんですが、日々のクエストやイベント、希少なアイテムの獲得などによってキャラクターを強化をし、強敵を倒す・PvPなどの対人的な要素で活躍する・ランキング上位に掲載されるためということがあるようです。

結局オセロや将棋・囲碁・チェスなどオンラインゲーム以外のゲーム一般にも言える強くなって勝つことによる満足感を得たい、他の人に認めてもらいたいというところがあるのかもしれません。(もちろんこれが全てというわけではありません)

ゲームの内容は単純な作業の繰り返しなのですが、イベントなどでそうやって時間をかけて育てたキャラクターで、達成感・満足感を感じさせるように作ることで、ユーザーが楽しめるようになっています。パーティーやギルドなど他の人との交流をさせるのも他の人と一緒にやることで、一人でやるよりも盛り上がる・仲間意識を持たせるためだと聞いたことがあります。

そうしたゲームを作っているところが悪いとまでは言いませんが、一定の配慮をすることが必要ではないでしょうか。以前から課金関連が問題となっていますが、プレイする時間についても、ある程度の見直しが必要だと私は思います。

私も大学のときにネットゲームにはまり、1日に10時間くらいプレイしていたことがあります。ときには徹夜をして、次の日の予定が狂ってしまったこともありましたが、社会人になると仕事への責任などで徹夜がしにくくなったり、イベントなどの時間の都合が合わないことが重なり、そこまで熱中できなくなってしまいました。でも時間があれば、またかなりの時間プレイしてしまうのではないかと思っています。

これは余談ですが、以前から思っていたのですが、放置(露店・戦闘)をさせるときにわざわざPCやスマホの電源をつけさせておく必要があるのでしょうか。ユーザーは電気代もかかるし、PC・スマホにも負荷がかかりますよね。もちろん運営側のサーバーにも負担がかかるでしょう。どんなメリットがあるからこの仕組みをとっているのでしょうか。プレイしている人数を多く見せるためなのでしょうか。

話が逸れてしまいましたが、もちろん人それぞれ何に時間を使うかは、自分で決めれば良いと思います。自分で決めれずについついやってしまうことが問題なのです。必要なことはやっておきましょう。また小さなミスから大きなミスにつながることを避けるために、寝不足になるようなことは避けるべきだと思います。

開栓後のペットボトルの水の放置は危険!?

こんにちは。銀と申します。

タイトルについて結論から書きますと、開栓後2~3週間経ったペットボトルの水を飲んでいたら体調を壊してしまいました。今思うと当たり前だと自分でも思うのですが、飲んでいるときには全くわかっていませんでした。

 

普段からペットボトルの水を飲んでいました。スーパーで2リットルで60円くらいのやつです。水道水をそのまま飲むのに抵抗があるのと、水を飲むのが体に良いという話を聞いて飲んでいました。

冷蔵庫に入れると冷えすぎたり、場所をとったりするので常温でいつでも飲める場所に置いていました。しかし、あまり飲まなかったり、コーヒーやお茶を飲む機会も多かったので、2リットルのペットボトルを消費するのに2週間くらいかかることもありました。

あるとき体調が悪いなと思うようになり、病院に行ってみることに。そのときの主な症状は、熱、胃痛、腎臓の痛み、眼痛などでした。病院で診察を受けた結果は、胃の所々から血が出ているということでした。

その後、処方された薬を飲んでいるときには胃痛はありませんでした。しかし薬がなくなった後、再度胃痛の症状が出たので原因は何だろうと色々と考えてみました。仕事や家でもストレスを感じることはあまりなく、痛んだ物も食べていないし、アレルギーもないしなと考えていたのですが、よくよく考えてみると薬を飲むときにも飲んでいた水が原因かもしれないと思うように。そういえば、水を飲んだときに胃痛があったなと、あれは胃が痛いのが先にあってそこに水を飲んだので痛みがあったのだと思っていたのですが、水のほうが悪くなっていたようです。

そこでペットボトルに残っていた水を捨て、ついでにコップも廃棄し、新しいコップで違う飲み物を飲むようにしてみたところ、胃痛がなくなりました。ネットで調べたところ、ペットボトルの飲料は開栓後は雑菌が入るので口をつけていなくても早々に飲んでしまったほうが良いとのことでした。もちろん私も知ってはいたのですが、自分が飲んでいる水が開けてからどのくらい経っているかというのもわかっていなかったですし、味が変になっているということもなかったので、体調が悪化し、病院に行く羽目になってしまいました。

今考えると、ちょっと普通ではないと自分でも思うのですが、食べ物や飲み物はきちんと管理をしましょう。

男性ホルモンの特徴14項目 実際に当てはまるのか

昔から毛深いと言われ続けてきた私。自分でも男性ホルモンはもちろん多いと思っています。そのためけっこう悩んでいたこともあるのですが、実際私が男性ホルモンの特徴といわれているものにどれだけ当てはまっているのか見てみることにしました。

特徴 適合
体毛が多い 最初に書いたように多いので当てはまっています。子どもの頃からお父さん(笑)
薬指が長い 確かに薬指のほうが長いですね。これも当てはまっています。
メンタルが強くなる × ん~、これは当てはまりませんね。豆腐メンタルです。もしかすると強くなってこれなのでしょうか。(´・ω・`)
お金を稼ぐ能力が高い × はい、違いますね。今のところ稼ぎは少ないです。
孤独を好む 一人でいるのは好きです。
女性にモテる モテたことがあるか?いや・・・
顔が濃い × 濃いといわれたことはないですね。
筋肉質になる 運動をしないので、ひょろひょろです。運動をしてみると筋肉がつきやすいかもしれないので・・・
ひげが濃い ひげを剃るのが面倒に感じることもあります。
空間把握能力が高い × よく道に迷います。
辛いものを好む 最近は抑えてますが、好きですね。
髪が太い × 昔から髪の毛だけ細いです。
おでこが広い けっこう広いのではないでしょうか。
髪が薄い ボリュームは無いですね。まだハゲてはいません。

私自身が当てはまったのは、6個ですね。友人2人にも当てはまるのか聞いてみたところ、一人は5個、もう一人は私と同じく6個でした。(※2人ともそれほど毛深くありません。)体毛、ひげなどの特徴はたしかに男性ホルモンが影響しているのではないかと思われるのですが、他のものでは男性ホルモンの影響だけではないのではないかと思われます。