野生の鳥の保護と小さい頃の思い出

こんにちは。

有名人がスズメを保護、その後違法に飼育しているという話が出ていますね。私はこの話を聞いて自分の子どもの頃にあった、ちょっとしたことを思い出しました。

田舎に住んでいたのですが、いつものように弟と家の近くで遊んでいると、近所の家の前にある排水路に小鳥が降り、そのまま穴になっているところに入っていきました。排水路は家の前の部分は落ちないようにコンクリートで固められていますが、下は空洞になっており、子どもなら横から入ろうと思えば入れるくらいの大きさがありました。

私も弟もそれを見ていたのですが、小鳥が入ったきりなかなか外に出てこないので心配になり覗いてみると、空洞になっている部分のちょうど真ん中ぐらいで止まっていました。時間を置いて何度か見ていると、さらに奥のほう(家とつながっているほう)に入ってしまったので、心配になり出してあげようということに。

結構狭かったので、出られなくならないかを確認しながら、慎重に中に入っていきました。どうやって小鳥を掴んだのかは覚えていないのですが、弱っていたのかすぐに捕まえることができたと記憶しています。外に出てきてもあまり動かなかったので、箱の中に入れて様子を見ることにしました。今考えると、結構無茶をしたなと思いますが、子ども心に何とかしてあげたいと思ったのでしょう。

その日は天気が良かったので、日が当たるところに、箱に蓋(数箇所に穴を開けたもの)をして置いておきました。暖めたほうが良いと思ったからです。その後弟と話し合った結果、1~2時間くらいして、外に戻すことにしました。広い場所で箱を開封すると小鳥は、元気に飛び立っていきました。

飼いたいという気持ちも、もちろんあったのですが、やはり自分達の手には負えないだろうというのと(ここが大人と子どもの差かな)、なんとなく可哀相かもしれないという気持ちがあったのだと思います。

色々と自分の思い出話を書いてしまいましたが、今回の話では保護については特に問題はないようです。ただ、保護の過程で世話をすると愛情が湧いてしまうはわかるのですが、色々な人を巻き込んでしまうので、ネットに流さない方が良いのではないかと思いました。今回のことは、必要なことはネットで流さなくてもできると思いますので。もちろん隠しておけば良いと言っているわけでもありません。

色々と書きましたが、本当に正しいと思ったことをされて欲しいなと思っています。
(私ができているわけではありません)

開栓後のペットボトルの水の放置は危険!?

こんにちは。銀と申します。

タイトルについて結論から書きますと、開栓後2~3週間経ったペットボトルの水を飲んでいたら体調を壊してしまいました。今思うと当たり前だと自分でも思うのですが、飲んでいるときには全くわかっていませんでした。

 

普段からペットボトルの水を飲んでいました。スーパーで2リットルで60円くらいのやつです。水道水をそのまま飲むのに抵抗があるのと、水を飲むのが体に良いという話を聞いて飲んでいました。

冷蔵庫に入れると冷えすぎたり、場所をとったりするので常温でいつでも飲める場所に置いていました。しかし、あまり飲まなかったり、コーヒーやお茶を飲む機会も多かったので、2リットルのペットボトルを消費するのに2週間くらいかかることもありました。

あるとき体調が悪いなと思うようになり、病院に行ってみることに。そのときの主な症状は、熱、胃痛、腎臓の痛み、眼痛などでした。病院で診察を受けた結果は、胃の所々から血が出ているということでした。

その後、処方された薬を飲んでいるときには胃痛はありませんでした。しかし薬がなくなった後、再度胃痛の症状が出たので原因は何だろうと色々と考えてみました。仕事や家でもストレスを感じることはあまりなく、痛んだ物も食べていないし、アレルギーもないしなと考えていたのですが、よくよく考えてみると薬を飲むときにも飲んでいた水が原因かもしれないと思うように。そういえば、水を飲んだときに胃痛があったなと、あれは胃が痛いのが先にあってそこに水を飲んだので痛みがあったのだと思っていたのですが、水のほうが悪くなっていたようです。

そこでペットボトルに残っていた水を捨て、ついでにコップも廃棄し、新しいコップで違う飲み物を飲むようにしてみたところ、胃痛がなくなりました。ネットで調べたところ、ペットボトルの飲料は開栓後は雑菌が入るので口をつけていなくても早々に飲んでしまったほうが良いとのことでした。もちろん私も知ってはいたのですが、自分が飲んでいる水が開けてからどのくらい経っているかというのもわかっていなかったですし、味が変になっているということもなかったので、体調が悪化し、病院に行く羽目になってしまいました。

今考えると、ちょっと普通ではないと自分でも思うのですが、食べ物や飲み物はきちんと管理をしましょう。

子どもの頃の夏休みの思い出

夏休みもそろそろ終盤ですね。

小学生、中学生、高校生の皆さんは夏休みを満喫できたでしょうか。宿題は終わっていますか?私はいつも宿題を始業式の朝に必死にやっていた覚えがあります。学年で一人だけ宿題を提出しなかったことで、先生に怒られたこともありました。皆さんはそうならないようにしてくださいね。

大学生は、まだまだ夏休みが残っているでしょう。研究やバイトなど色々と頑張ってみてください。

今日からスマホ向けにリネージュⅡが始まり、夏休みの間に多くのタイトルがリリースされました。時期的に夏休みの終わり頃にサービスを開始するものはターゲット層が大学生より上の年齢の人なのでしょうか。年齢層が低めの子ども達に遊んでもらうのであれば、夏休みの初めにサービスを開始したほうが良いと思うのですが。

今年は天候があまり良くないため、旅行や夏祭りなどの際、雨や台風の影響を受けた方も結構いるでしょう。一方気温が高く、日差しが強いためいつもは子どもたちが遊んでいる公園などに昼間誰もいないという地域もあるようです。

異常気象は地球の温暖化が原因ともいわれており、さらに温暖化の原因は二酸化炭素であるといわれていますが(最近テレビなどであまり聞かなくなってきました)、実際そうであればもっと積極的に対策をすべきだと思いますし、よくわからないのであればそう発表することが必要だと思います。まぁ環境の保護に取り組むのは良いことだと思います。

さて、私が子どもの頃の夏休みの思い出といえば、プールに行ったこと、海で泳いだこと、遊園地、自由研究、お祭りなど、今思い出してみると意外と覚えていますね。子どもの頃は泳ぐのが好きだったのですが、今では全く泳げる気がしません。25mプールをターンして何百mと泳いでいた気がするのですが・・・多分今だと25m泳ぐと倒れてしまいますね。

遊園地で覚えているのは、お化け屋敷です。入って一番最初に大きな音がする仕掛けがあったのですが、それに驚いて入り口に泣いて戻ってしまいました。あれは何歳ぐらいだったかなぁ。お化け屋敷に一人で入ってみたいという勇敢な心はあっさりと打ち砕かれてしまいました。

お祭りは、地元を離れてからは行くことがなくなりましたが、親から貰った1000円で色々買っても良いという子どもの頃の私にとっては一大イベントでした。食べ物を売っているお店が何店かあり、それにくじ屋が2店あって、一回300円でした。当時私が欲しいと思う賞品が置いてありましたが、今も人気の高額な賞品で釣っているようですね。子ども心に賞品はかなり魅力的でしたが、やっぱり何回か引いても当たりは出なかったです。同じ学校の人もやっていましたが、良い賞品が当たった人はいませんでした。くじ屋のおじさんは毎年同じ人がやっていましたが、いつも同じ賞品を置いてました(笑)。小学生の頃でも当たりを入れてないのではないかと、みんな疑っていましたね。

そこで私は祭りが終わる頃にくじ屋に行って交渉をしたことがあります。内容はよく覚えていないのですが、意外とうまくいきそうでした。(あいまいな記憶)しかし、閉めようとしているくじ屋にくじを引きに来た同じ学校の人がいて、有耶無耶になり引き下がった覚えがあります。今考えると結構変な子どもだったのかもしれません。

書いていて色々なことをしてきたんだなと懐かしくなりました。嫌な思い出も結構ありますが、それも役に立ってはいるので無駄ではなかったと思ってやっています。黒歴史という言葉をよくネットで使われていますが、そのとき頑張ってやったことがあるから大人になって色んな才能を持っている人がいるのです。

色んなことに挑戦し、怪我や事故などには気をつけて毎日を楽しんで欲しいと思います。

ホラー体験?その2 声

少し前に書いたかなしばりと関連しているかもしれませんが、似たような経験をもう一つ書いていこうと思います。よくあるホラー話と似ているというか、その話の影響で体験したと思われるので大体同じかもしれません。

大学生の頃の話です。
その日は私がいつも寝ている部屋で、家族と一緒に寝ていました。

夢の中で私は何かに追いかけられて逃げていました。しかし、恐怖からか夢の中で思うように逃げることができず危なくなったため、「目を覚まさないと!!」と思い、必死に夢の中で目を開けようとし、無理やり目を覚ましました。(何度か怖い夢を見てそうやって起きることを経験していたので、起きることができるようになっていました。)

ぱっと目を覚ました瞬間、頭の中で「あ、何か言われる。」という予感がしました。その直後「あともう少しだったのに。」という男の低い声が聞こえたのです。

私はそのままトイレに行った後、しばらく別の部屋で椅子に座って色々考え、また元の部屋に戻り、眠りにつきました。

予感?があったせいなのか、それほど怖いという感じはなく(家族が同じ部屋にいたというのもあるでしょう)、聞こえた低い声もテレビの心霊番組で聞いたことのある男性の低い声に似ていたため、頭の中で勝手に再生されたのかなと思っています。夢だったのかといわれると聞こえた後トイレに行っているし、何だったんだろうとか、思ったよりも怖くないなと考えていた記憶があるので夢ではないんじゃないかなと思っています。かなしばりと同じなのは目が覚めた直後に起こったというところで、違っているのは体が動かないということはなかったところです。

その後は一度もそんなことはないですし、特に気にしていませんが(気にしていなかったら覚えていないだろうから気にしているのかも)やはり、そのときは体に何らかの不具合があったのでしょうか。無理やり起きたことが原因だと思っていますが。

最近は夢の中で危なくなりそうな時は夢を変えようとしています。危なくなりそうだなと夢の中でわかったときに、夢の中でそれまでに起こった出来事と何の関係もないことをしようとすると、怖い展開ではなくなったり、色々考えるせいなのか目が覚めてしまうこともあります。

2つほど心霊体験などと言われるような体験したことについて書いてみましたが、私が体験したものは結局、人間の誤動作みたいなものだと思っています。

金縛りの経験について

ブログに書くことってなかなか難しいですね。とりあえず今の季節のことで良いかなと考え、「夏」といえばと思いついたのが、
・花火
・お祭り
・きもだめし

だったので少し心霊的なこの話題で書いてみようと思います。

 

私が高校生の頃、朝、目が覚めた後そのまま上を向いていると体が動かない。あれ、金縛りだ。と思い、このままでいると何かが襲って来るのでは(テレビ番組の見すぎですね)と体を動かそうとするのですが、動かない・・・家族がいるはずなので声を出そうとするのですが、それもできないという典型的な金縛りの症状が起こりました。

今考えると可笑しいのですが、当時は結構怖かった気がします。絶対テレビ番組の影響ですよね。最初に心霊現象として考え出した人は悪人で罪悪感が強かったのではないでしょうか。(適当に言っています)
結局は無理やり手を動かそうとしていたら、少しだけ動き、それを続けていたら体全体が動かせるようになりました。色々考えている内に時間が経ってしまいその日は少し遅刻して行ったのですが、先生には「寝坊しました。」と言って謝った記憶があります。金縛りの原因は、脳は起きているのに体は眠っているからとか当時聞いた覚えがあるのですが、先ほど少し調べてみてストレスや疲れ、不規則な生活が原因の場合があると書いてあるのを見て、あの頃はストレスが強かったなと思い出しました。

金縛りも最初は怖いという意識が強かったのですが、何回か経験すると怖いというより、「またなったか」とか「あ、また金縛りになるな」とわかるようになり、金縛りの解き方はこうやって手を無理やり動かすようにしてとか結構冷静に考えるようになっていました。(少し動かすだけだとまた金縛りに戻る?ので動くようになったら無理やり起きていました。)終いにはこのままでいるとどうなるんだろうとか思うようになりました。(やったことはありませんが、そのままが普通なんでしょうね。)

他のサイトを見てみると意外と金縛りを経験する人の割合は多いみたいですね。
私は横を向いて寝るようになってからほとんど経験しなくなりました。(睡眠時無呼吸症候群が心配だったから横を向いて寝るようになりましたが、今度は上を向いて眠ることができなくなりました。)

懐かしいなと思うのですが、結構歳をとってしまったなとも思ってしまいます。(´・ω・`)