人工知能と小説について

少し前に、人工知能が小説を書いたということが話題になりました。

2017/05/10 文春オンライン記事 http://bunshun.jp/articles/-/2326
2016/12/25 東洋経済オンライン記事 http://toyokeizai.net/articles/-/150155

skyseeker

こちらの記事の開発者さんも仰られているように、人工知能が書いたと云っても現在のところは、プログラムの設計通りにコンピュータが動いているようです。コンピュータには感情や時間の認識がないので、物語を時系列に沿って、登場人物が何故その行動をとったのかを描くことは難しいように思われます。

もし実際人工知能が小説を書けるようになれば、小説が大量生産できるようになり、初期の頃は「人工知能が小説を書いた」という話題で、販売数が伸びるでしょう。

しかし、そこで考えてみると疑問が浮かんできます。
人工知能が書く小説の面白さ、共感できるのか、ジャンル等々。

今回は面白さについて、人が書いたものと人工知能が書いたものが同レベルの場合と超えた場合を簡単に考えてみます。

・人が書いたものと同レベルに止まる場合
人が書いたものと人工知能が書いたものが比較され、読み手の好みによって選択されることになれば現状と大して変わらないかもしれません。しかし、コストや書き続けられることを考えると圧倒的に人工知能が有利でしょう。

・人が書いたものを超える場合
現時点でどのようなものかは見当もつきませんが、小説を書く人は少なくなるでしょう。
その時点ではもう今のような形式ではなくなっているかもしれませんね。(出版、販売、読み方など)

フィクション、ノンフィクション、ミステリーなど色々なジャンルがありますが、恋愛や官能小説などを書く人工知能を想像しにくいですね。

これからも色んなことが多くの人を使わずにできるようになってくるでしょう。
多くのことが人工知能でできるようになったとき人は何をするのでしょうか。

シンギュラリティはいつなのでしょうか。

サマージャンボ宝くじ 2017年夏

今日から、サマージャンボが発売されました。

サマージャンボ宝くじ

サマージャンボミニ1億円

サマージャンボプチ100万

上記の3種類ですね。私はサマージャンボ宝くじを連番で10枚だけ買おうと思っています。

ちょっと詳しい情報を見てみようとサイトを見ているとガチャが引けるようです。twitterから、ハッシュタグを検索し、画像をクリックするとサイトに飛べます。

また別の方法としては、みずほ銀行のサイトから宝くじのホームに行き、宝くじの画像をクリックし、下のほうにある宝くじのサマージャンボ特設サイトに行くとジャンボガチャを引くことができます。twitterアカウントが必要です。

普段はtwitterとか全然使わないのに、賞品につられて連携。

早速ガチャを引いてみると結果は、4回連続で外れ。(´・ω・`)

ガチャ結果

(外れると当選確率があがっていくようです。後で気が付いたのですがサイトの右上のMENUからクイズやアンケートに答えることで経験値が貰え、レベルが上がると当選確率が上がっていきます。)

普段のスマホゲームのガチャでも惨敗なので、こんなものでしょう。ガチャ回数は8時間で1回回復するようなので、また後で引いてみたいと思います。

まぁ、宝くじのほうが当たってくれれば良いのですがね・・・

(追記)
デジタルボイスが12回、壁紙が21回当たり。
これは・・・しかも全て鈴木奈々さん・・・次はどっちの鈴木奈々さんが当たるのk(13日に壁紙が6回中5回当たり、サービスなのか!?)

意外とクイズの答えを調べている人がいるようなので、解答を書いておきます。
(公式サイトが重くてなかなか開けない人もいるようですね。)

QUIZ1 18
QUIZ2 10
QUIZ3 20
QUIZ4 1
QUIZ5 100
QUIZ6 7
QUIZ7 鈴木奈々
QUIZ8 綿菓子
QUIZ9 くーちゃん
QUIZ10

WordPressの導入

現在、サーバーの設定を終え、WordPressを使ってブログを書いています。テンプレートが多すぎて、どれにしようか大分迷ったのですが、結局初期に設定されているものを使ってみます。(※色んな機能を削ったり、追加したりして使っています。)

また後でテンプレートを調べたり、探したりして良いのがあれば変更してみたいと思います。

サーバーの設定などは詳しく書かれているサイトなどでできたのですが、初めてやることの連続だと少々大変ですね。

これから少しずつブログを更新していきたいと思います。