ミステリーの楽しさの変化について

昔はよくミステリーを読んでいたのですが、もう随分と読んでいません。

小学生の頃は図書館で本を読むのが好きだったので、色々な本を読んでいたのですが、どうも推理小説を読んだ記憶が薄いのです。冒険者たちとかネバーエンディングストーリーといった少し厚い本を読んでいた覚えはあるのですが(内容も面白かったし、目立ちたかったというのもあったかもしれません(笑))、ホームズとかクリスティの本とか読んでないとは思えないのですが忘れたのかな・・・でもコナンとか金田一とかあったので、ミステリーに興味はあったと思います。

最初にミステリィを読んだとはっきり記憶しているのは、中学生ぐらいです。ミステリーでは殺人事件が行われ、それを誰がどういう動機で、どういう方法で行ったのかを探偵役が解いていく展開が多いのですが、最初に読んだときは死体の描写が怖いなと感じたことを覚えています。しかし、聞きなれない言葉の中にも知的好奇心をくすぐるような描写があり、さらに予想していない意外な展開に非常に驚きました。本当に言葉が出ないような感じだったと思います。

しばらくは同じ作者の作品ばかり読んでいましたが、だんだんと違う作者の本にも手を伸ばすようになりました。読むときには犯人を当ててやろうと作者に挑むのですが、大半が作者の思惑通り外れてしまいます。しかし、ある程度の量を読むと後の展開を予想するのが上手く?なり、途中でトリックの想像がつくようになるのです(そんなにトリックの種類が多いわけではないですし)。ここでこういう展開にしているけど後で、驚かせるためにはこういうことをするんじゃないかなとか考えてしまうのです。ここまで来ると新しい作者の作品に手を伸ばすことや犯人当てではなく、主人公や助手役の動き、セリフの方に興味が注がれているのではないでしょうか。

作家も色々と工夫をされていますが、犯人とか後付の設定で誰にでもなってしまうと思うようになると犯人当てをしない方もいると思います。何も考えずに読むのを嫌がる作者もいらっしゃいますが、作者が読者に対して過度の期待をしても仕方ないと思っています。一番楽しんで読めるのは最初の方だと思いますが、だんだんと飽きがくるのでしょうね。

しばらく読んでいませんが、読みたくなる気分にもサインカーブのような波があると思うので、またしばらくすると読みたいなという気持ちが上向きになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA