開栓後のペットボトルの水の放置は危険!?

こんにちは。銀と申します。

タイトルについて結論から書きますと、開栓後2~3週間経ったペットボトルの水を飲んでいたら体調を壊してしまいました。今思うと当たり前だと自分でも思うのですが、飲んでいるときには全くわかっていませんでした。

 

普段からペットボトルの水を飲んでいました。スーパーで2リットルで60円くらいのやつです。水道水をそのまま飲むのに抵抗があるのと、水を飲むのが体に良いという話を聞いて飲んでいました。

冷蔵庫に入れると冷えすぎたり、場所をとったりするので常温でいつでも飲める場所に置いていました。しかし、あまり飲まなかったり、コーヒーやお茶を飲む機会も多かったので、2リットルのペットボトルを消費するのに2週間くらいかかることもありました。

あるとき体調が悪いなと思うようになり、病院に行ってみることに。そのときの主な症状は、熱、胃痛、腎臓の痛み、眼痛などでした。病院で診察を受けた結果は、胃の所々から血が出ているということでした。

その後、処方された薬を飲んでいるときには胃痛はありませんでした。しかし薬がなくなった後、再度胃痛の症状が出たので原因は何だろうと色々と考えてみました。仕事や家でもストレスを感じることはあまりなく、痛んだ物も食べていないし、アレルギーもないしなと考えていたのですが、よくよく考えてみると薬を飲むときにも飲んでいた水が原因かもしれないと思うように。そういえば、水を飲んだときに胃痛があったなと、あれは胃が痛いのが先にあってそこに水を飲んだので痛みがあったのだと思っていたのですが、水のほうが悪くなっていたようです。

そこでペットボトルに残っていた水を捨て、ついでにコップも廃棄し、新しいコップで違う飲み物を飲むようにしてみたところ、胃痛がなくなりました。ネットで調べたところ、ペットボトルの飲料は開栓後は雑菌が入るので口をつけていなくても早々に飲んでしまったほうが良いとのことでした。もちろん私も知ってはいたのですが、自分が飲んでいる水が開けてからどのくらい経っているかというのもわかっていなかったですし、味が変になっているということもなかったので、体調が悪化し、病院に行く羽目になってしまいました。

今考えると、ちょっと普通ではないと自分でも思うのですが、食べ物や飲み物はきちんと管理をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA